2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年1月23日 (火)

東山魁夷展

Image_4 Image_5

コンサートを聴きに行くついでに行ってきました。

東京富士美術館
「東山魁夷展 -長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による」
2018年1月2日(火)-3月4日(日)

長野市にある、長野県信濃美術館東山魁夷館の所蔵品を中心とした展覧会。
魁夷さんの作品を大好きになって、東山魁夷館には年に6回、展示替えの度に訪れていましたが、昨年6月から改修工事のため休館しています。というわけで、あの、ずっと親しんできた作品の数々を再び目にできる機会ということで、出かけてきました。
休館になる前、所蔵の本制作を一挙に展示するという企画があって、その時に目にした作品ばかりではありますが、なんだか久しぶりということもあって、しかも今回はスケッチや習作などもたくさん展示されており、そのなかには私が大好きな作品もたくさんあるので、ものすごくもりだくさんで贅沢に感じられました。
横浜生まれで神戸育ち、ご自宅は千葉県市川市にある魁夷さんの、代表作や貴重なスケッチや下図などがなぜ、長野県の県立美術館に多く所蔵されているのか。それは、80歳を超えて、お子さんやお弟子さんのいらっしゃらなかった魁夷さんは、美校時代に信州の山を旅した時の自らを風景画家への道に導いたという思いから、ご自身の所蔵される作品の行く末を長野県に託すことを決められ、それを受けて開館したのが東山魁夷館でした。その美術館から見える花岡山霊園には、魁夷さんのお墓があります。
今まで目にしてきた東山魁夷館の、ものすごく広いわけではない展示室で目にしてきた貴重な作品の数々、そして、たとえば「道」の制作過程のスケッチや下図など貴重な資料ともいうべき展示品に見入るたくさんの人々の姿を目にするとき…、自分の住む県にそんな凄いものがたくさんあるということが、本当に素晴らしく贅沢なことだったんだなあとあらためて思いました。そして、そんな貴重なものを長野県に託してくださった魁夷さん・すみさんご夫妻には、感謝の言葉しかありません。
さて…、どのくらいの期間なのかはっきりしませんが、東山魁夷館で魁夷さんの作品を目にする機会はしばらくない予定で、そこは少し残念というか寂しいところではありますが、こういう時だからこそ、他の美術館の所蔵品である作品を観に行く機会を作ったりできたらいいなあと思います。
今年は魁夷さん生誕110年ということで、国立新美術館でも大々的な回顧展が行われるようで、そちらでは、なかなか普段目にする機会のない、唐招提寺の御影堂障壁画の再現展示なども行われるらしく、今から楽しみです。

2018年1月 2日 (火)

ごく私的なイベントメモ(2018年分)

「イベントメモ」についての説明 この記事は、私がこれから出かける、もしくは購入する予定のものなどをまとめたメモです。2013年中は追加・変更があれば随時加筆修正し、日時を修正していきます。 個人的な備忘録的(もしくはまとめ的)性格の記事であるため、コメント、トラックバックとも基本的に受け付けておりません。コメント、トラックバックは各記事もしくは関連のある記事へお願いいたします。※ただし、コメントにつきましては、投稿できそうな記事がないときや、コメントを投稿するのにこの記事がいちばんふさわしいと思われるとき(何月何日の○○のイベントに私も参加します、など)のみ書き込みをお願いいたします。ここまでに記した内容にそぐわないと判断したコメントにはお返事いたしません。 すべての記事のコメント・トラックバックにつきましては、記事の内容に関連のないもの、管理人である私がふさわしくないと判断したものについては、その都度削除させて頂きます。 なお、このページにある項目については、日時の頭に付いているマークで項目の分類を行っています。 ◇チケットが取れていないもの、もしくは購入するかどうか決めていないもの。 ◆チケットが取れているもの、もしくは購入することが決まっているもの。 (↑この2つのマークが付いたものは、このページから後日削除されることがあります) ☆すでに出かけたもの、もしくは購入したもの。 ★このブログに感想記事が更新されているもの。タイトルから記事へリンクしています。


更新記録
2017.12.31 記事作成、2件登録
2018.01.02 記事公開

◆1月21日(日)16:00
古武道新年会Vol.4~初春の狂詩曲(ラプソディー)~
世田谷パブリックシアター

◆3月15日(木)13:30
藤原道山 尺八アンサンブルコンサート「風雅竹縜」
浜離宮朝日ホール(東京)

2017年12月31日 (日)

ごく私的なイベントメモ(2017年分)

「イベントメモ」についての説明
この記事は、私がこれから出かける、もしくは購入する予定のものなどをまとめたメモです。2013年中は追加・変更があれば随時加筆修正し、日時を修正していきます。
個人的な備忘録的(もしくはまとめ的)性格の記事であるため、コメント、トラックバックとも基本的に受け付けておりません。コメント、トラックバックは各記事もしくは関連のある記事へお願いいたします。※ただし、コメントにつきましては、投稿できそうな記事がないときや、コメントを投稿するのにこの記事がいちばんふさわしいと思われるとき(何月何日の○○のイベントに私も参加します、など)のみ書き込みをお願いいたします。ここまでに記した内容にそぐわないと判断したコメントにはお返事いたしません。
すべての記事のコメント・トラックバックにつきましては、記事の内容に関連のないもの、管理人である私がふさわしくないと判断したものについては、その都度削除させて頂きます。
なお、このページにある項目については、日時の頭に付いているマークで項目の分類を行っています。
◇チケットが取れていないもの、もしくは購入するかどうか決めていないもの。
◆チケットが取れているもの、もしくは購入することが決まっているもの。
(↑この2つのマークが付いたものは、このページから後日削除されることがあります)
☆すでに出かけたもの、もしくは購入したもの。
★このブログに感想記事が更新されているもの。タイトルから記事へリンクしています。

更新記録
2016.12.31 記事作成、11件登録
2017.01.02 記事公開
2017.04.30 8件追加、9件リンク追加、1件変更、1件削除
2017.05.03 1件リンク追加
2017.12.31 8件追加、18件リンク追加※更新終了

★1月21日(土)18:00
古武道新年会 vol.3
世田谷パブリックシアター(東京)

★(2016年)12月10日(土)~1月29日(日)
東山魁夷「習作 十二景」-彌生会とその時代
東山魁夷記念館(千葉)

★2月9日(木)~3月28日(火)
東山魁夷館平成28年度第Ⅵ期常設展示「芸術の世界に年齢はない」
東山魁夷館(長野)

★2月18日(土)13:00
俺たち賞金稼ぎ団
THEATRE1010(東京)

★2月28日(火)13:30
藤原道山「風雅竹縜」
浜離宮朝日ホール(東京)

★2月3日(金)-3月26日(日)
江戸の絶景 雪月花
太田記念美術館(東京)

★2月22日(水)-5月22日(月)
草間彌生 わが永遠の魂
国立新美術館(東京)

★3月8日(水)~6月5日(月)
国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業
ミュシャ展
国立新美術館(東京)

★3月10日(金)18:30
古武道 10th Anniversaryコンサート
館内ホール(横浜)

★3月30日(木)~5月30日(火)
東山魁夷館改修前特別展
東山魁夷 永遠の風景-館蔵本制作一挙公開-
東山魁夷館(長野)

★4月3日(月)-2018年3月31日(土)
ガレのジャポニスム展
北澤美術館(諏訪)
(1月24日(火)-4月24日(月)北澤コレクション名品展 春)

★4月18日(火)~7月2日(日)
ボイマンス美術館所蔵
ブリューゲル「バベルの塔」展
東京都美術館(東京)

★4月26日(水)13:00
ハムレット
東京芸術劇場プレイハウス(東京)

★5月17日(水)14:00
ハムレット
松本市民芸術館主ホール(松本)

★6月7日(水)13:30
藤原道山×SINSKE「四季-春夏秋冬-」
浜離宮朝日ホール(東京)

★7月4日(火)-8月6日(日)
大河ドラマ「おんな城主直虎」特別展「直虎から直政へ」
江戸東京博物館(東京)

★7月14日(金)19:00
藤原道山×SINSKE「四季-春夏秋冬-」
熱田区文化小劇場(愛知・名古屋)

★7月29日(土)15:30
青島広志の「バレエ音楽ってステキ!」
Bunkamuraオーチャードホール(東京)

★8月5日(土)18:00
軽井沢夏の宵の狂言
軽井沢大賀ホール(軽井沢)

★9月1日(金)18:00
野村萬斎「狂言を楽しむ会」
北野文芸座にて

★9月16日(土)-30日(土)
信濃美術館クロージング ネオヴィジョン 新たな広がり
信濃美術館(長野)

★9月26日(火)-11月26日(日)
運慶展
東京国立博物館(東京)

★10月28日(土)-11月26日(日)
創立130周年記念
皇室の彩(いろどり)展
東京藝術大学美術館(東京)

★10月24日(火)-2018年1月8日(月・祝)
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
東京都美術館(東京)

★10月21日(土)-2018年1月28日(日)
北斎とジャポニスム展
北斎とジャポニスム展
国立西洋美術館(東京)

★10月28日(土)16:30/29日(日)
古武道 10th Anniversary Concert in 八ヶ岳 ~山紫水明の音~
古武道親睦会vol.9in八ヶ岳
八ヶ岳高原音楽堂(南牧)

★011月5日(日)15:00
古武道コンサート“十年祭”
まつもと市民芸術館小ホール(松本)

★11月26日(日)15:30
古武道 10th Anniversary“十年祭”ファイナル
東京国際フォーラム ホールC

2017年12月 2日 (土)

東京藝術大学美術館「皇室の彩」展

Image_25 Image_26

最終日に行ってきました。

東京藝術大学美術館
創立130周年記念
「皇室の彩(いろどり)」展
2017年10月28日(土)-11月26日(日)

約100年前、大正~昭和初期の頃、天皇即位やご成婚などに際し贈られた品々は、その時代の美術・工芸の分野を代表する人々の手によるものでした。その品々と、その品々を制作するにあたって尽力した人々の働きについて紹介する展覧会。
前回、上野で美術館巡りをしたときにも開催中でしたが、その時は見ずに帰ってしまいましたが、「日曜美術館」でこの展覧会を取り上げているのを見て、これは実際に見てみたいと思うものがいくつかあり、出かけてきました。
展示された品々は、絵画に彫刻、焼き物、彫金、蒔絵など様々な分野に及び、そのどれもが、今の現代で一般の私たちの目や手で普通に触れるには贅沢に過ぎる、とても手の込んだものばかりでした。
「日曜美術館」で取り上げられていたなかで、いちばん興味を持ったのは、屏風に蒔絵や木製、陶器製などの様々な作品が配されたもの。様々なおめでたいものや可愛らしいもの、美しいものが様々な名人たちによって創られたものがひとつの品になっているということこも心惹かれますが、そのなかでも、木製の象嵌によって、松の枝と鳥を描いたもの。絵筆で描いたように見えるすべてのものが木の自然な色合いを生かしているというところ。何度も何度も可能な限り近づいて眺めましたが、それでも、あの作品がそういう風にしてつくられたということが信じられないくらいの見事なものでした。
私の記憶にある皇室の大きな出来事といえば、昭和天皇が崩御され元号が平成となり現在の天皇陛下が即位されたこと、また皇太子さまや秋篠宮さまのご成婚やお子さまたちのご誕生など様々ありましたが、おそらく、今と100年前とでは社会のなかでの皇室というものの位置づけなどに大きな違いもあると思われ、そういう意味では、今の時代ではお目にかかれないようなものを目にする貴重な機会だったなあと思います。

2017年11月19日 (日)

ゴッホ展 東京都美術館

Image_8

芸術鑑賞in上野。みっつめはこちら。
じつはこれが今回のメイン・イベント。

東京都美術館
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
2017年10月24日(火)-2018年1月8日(月・祝)

色々な挫折を経験し画家を志したゴッホは、日本の浮世絵と出会い、その色彩に惹かれ南仏・アルルに居を移し、画家仲間たちとの共同での生活そして制作活動を夢見ました。そんなゴッホが浮世絵に影響を受けて生み出した作品などを展示。
浮世絵を模写したり、画面の真ん中を木の幹や枝が横切る構図を取り入れたり、そういう作品を浮世絵そのものと並べて展示している場面が多く、この日最初に見た「北斎とジャポニスム」展と共通した部分が多く、やっぱりこういうテーマだとこうなるよね…という感じはしましたが、どちらもそれぞれに、西洋の画家が浮世絵の持つ世界観に惹かれたことがよく感じられたなあと思います。
ゴッホは浮世絵を通して、色彩豊かで仲間同士が集まって絵画や植物の知識を究めようとする人々がいるところ、と思っていたようで、実際の日本をもし目にしたら、想像と違う部分が多すぎてショックを受けるだろうなあという気もします。ただ、ゴッホにとっては実際の日本がどういう国かは、実はあまり関係がなくて、行きたいと思ってもそう簡単に行くことができない場所だからこそ、自分の見る書物や作品から想像して夢を見ることができる、そういう対象が「日本」だったのかなあという気がしました。そして、そういうなかで生み出された作品を、今、日本人である私たちが観ることができるというのは、なんとも面白いなあと思いました。
生前は、あまり世間で大きく注目されることはなく、夢見た仲間との生活も上手く行かず、精神を病み、そして命を終えたゴッホ。「ポプラ林の中の二人」は、なにか静かに胸の内にこみ上げるものを感じながら観ました。


さて…ゴッホを観に行くぞ!と思い東京へ出かけましたが、ゴッホ展を合わせてみっつの美術館をハシゴし、芸術の秋を堪能した一日でした。

2017年11月18日 (土)

運慶展in東京国立博物館

Image_2

芸術鑑賞in上野。ふたつめはこちら。

東京国立博物館
運慶展
2017年9月26日(火)-11月26日(日)

平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した仏師・運慶。彼の作品として現存するもの、もしくはその可能性が高いといわれるものを合わせて31体とされており、今回はそのうち22体が集められた展覧会。
運慶それからそのライバルの快慶という名前を知っていて、その作品である仏像を目にしたことはあっても、今まで、それを作者ごとに注目して見る機会はなかったかもしれません。
父親である康慶の作品を最初の方で目にしたとき、ああこういうのもリアリティーがあって好きだなあと思ったのですが、その後の、運慶の作品の数々を目にすると、その写実的で生き生きとした作品がそれぞれに魅力的で、惹き込まれるものがありました。
かなりの数の作品が、ぐるりと一周回って見られる展示方法だったので、お寺に安置されていたら観られない角度からも堪能することができました。とくに、奈良・興福寺の南円堂に安置されている四天王立像は、鎧を付けた背中や肩などの後ろ姿も力強くかっこよく、ドキドキしながら色々な角度から眺め回してしまいました。
静かな興奮とともに、数百年前に誕生した仏像たちが今に伝える、作者・運慶の思いを受け取ったような、素晴らしい時間でした。

 

2017年11月17日 (金)

北斎とジャポニスムin国立西洋美術館

Image_4

芸術鑑賞in上野。ひとつめはこちら。

国立西洋美術館
北斎とジャポニスム展
2017年10月21日(土)-2018年1月28日(日)

浮世絵など日本の絵画が海を渡り、ヨーロッパの芸術に様々な影響を与え新しい芸術が編み出されていったことを、モネ・ドガら印象派の画家などの作品を通して観る展覧会。
この展覧会では北斎の作品との比較を多く用い、浮世絵のもつ、ヨーロッパの人々にはとても新鮮に感じられた構図や題材を積極に取り入れたであろうことがよく分かるようになっていました。また、もっと興味深いのは、そうして生み出された作品に、日本人も影響され、西洋画を描いたり鑑賞したりするようになったところでしょうか。そうしてグルグルと循環しながら様々な作品が生まれていくところ、想像するとワクワクさせられました。
北斎とモネ、そしてゴッホが並んでいる辺りがこの展覧会ではメインなんだろうなあという感じはしましたが、というか、私もそこを楽しんだのですが、個人的な好みとしては、ガラス工芸好き、とくにガレやドーム兄弟の作品が大好きなので、絵画も良かったですが、ガラス工芸作品が展示されていたり、ガレのデザインによるチェストやティーテーブル、木製パネルなどガラス工芸以外の作品もたくさん観られて、そのエリアにいるときがいちばん興奮したかもしれません。

Image

おまけ。
そんな感動を少しでも持ち帰りたくてミュージアムショップをウロウロしていて見つけたのがこちら。ミニ図録です。
美術展の図録って…掲載されている作品の写真がとにかく美しくて心惹かれますが、とにかく大きくて重くて持ち帰るのが大変。そして、作品だけじゃなく様々な専門家や著名人の方による文章がたくさん載っていて、読むのも大変で、たいていの場合、ショップで見本を少しのぞき見して終わってしまうのですが、これくらい小さいサイズだと、とにかく持ち帰るのに負担が少なくて助かります。というわけで、つい買ってしまいました(苦笑)。

2017年10月10日 (火)

信濃美術館クロージング ネオビジョン新たな広がり

Image_3

休館前に行ってきました。
信濃美術館クロージング
ネオヴィジョン 新たな広がり
2017年9月16日(土)-30日(土)

全面改装のため、10月1日から休館になるということで…その前に行われたクロージング展に行ってきました。
信濃美術館の所蔵品の展示、信濃美術館の建物とその設計に関わった方々についての展示、信州出身の若手作家の方たちの作品の展示によって構成されたこのクロージング展。
個人的には、東山魁夷館を訪れたい気持ちで足を運び、本館である信濃美術館で行われる展示も楽しむ…というスタンスで足を踏み入れることが多かったのですが、そのなかで、とても楽しい時間をたくさん過ごさせていただき、そのなかで、予想以上に見応えのある展示に出会って新たな発見をしたことも何度かあり、この数年で自分にとってとても大切な場所のひとつになりました。
信濃美術館の所蔵品の展示は、“コレクション「私の、この一点」”と名付けられ、所蔵品とともに、事前におこなわれたアンケートでその作品に対して書かれた一般の人々のコメントも一緒に添えられており、美術に思いを寄せるたくさんの人たちの思いがたくさん詰まった温かさを感じました。実は、私の書いたコメントも使っていただき、この展示の一端に参加させていただけた感じがしたのも嬉しかったです。

Image_4

館内のカフェ「Cafe Kaii」もお気に入りの場所のひとつで、作品を鑑賞する合間にここで休憩したり、ちょっと本を読んだり、楽しく過ごさせていただきました。こちらともしばらくお別れです。

Image_5

今まで、たくさんの楽しく充実した時間を過ごしてきた美術館ですが、建てられたのがずいぶん前ということもあって、昨今のバリアフリーとかユニバーサルといったものとは相容れない部分をあちこちに感じられるのが正直なところかなあとは思います。そういう部分も改装によって生まれ変わっていくのかなあと思うと、そういう姿をもって、ますます色々な人がアートに親しむ、長く愛される場所になってくれるといいなあと思います。

2017年7月29日 (土)

直虎から直政へin江戸東京博物館

Image

今年の大河ドラマにちなんだ特別展を観てきました。

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」特別展
「戦国!井伊直虎から直政へ」
江戸東京博物館にて
2017年7月4日(火)-8月6日(日)

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」にちなんで、井伊家の成り立ち、井伊家を取り巻く今川・徳川・武田などに触れつつ、家康の信頼を得て彦根藩初代藩主となった井伊直政と、その直政を養育したとされる直虎とその周辺についてくわしく触れる展示。
音声ガイドのナレーションはドラマで龍潭寺の南渓和尚を演じる小林薫さん。ということでウキウキしながら借りて、そちらも楽しく聞きながら展示を見ました。
この特別展が開催されている会期中は、直虎が様々な問題を家臣や領民と協力して乗り越えながら井伊家の領地である井伊谷を治めるべく奮闘しているところ。今川から様々な難癖をつけられながらもその危機を辛くも乗り切り、先代当主であった直親の遺した子・虎松(のちの直政)を守った直虎の代があればこそ、その後幕末まで彦根を治める井伊家に繋がった…と思うと、凄いことだなあと思います。
この特別展の目玉は、唯一確認されている直虎直筆と思われる花押入りの書状。その書状を書くに至る経緯もドラマでは描かれていくわけですが、想像するだけでも辛いことです。
また、ドラマではまだ描かれていない(というか直虎が表舞台から去ったのちのことをどれくらい描く予定なのかわかりませんが)、成長した直政が家康と出会いその信頼を勝ち得ていくところを想像して、胸が熱くなりました。

Image_2

展示室内はほとんど写真撮影禁止でしたが、一部、撮影できるエリアがありました。
その展示品のひとつがこちら。直政の父・直親が、今川の手から逃れるため過ごしていた信濃から戻る途中にとう留した地で寄進したという「青葉の笛」。このほかに、直親の木像などがありました。
また、井伊の赤備えには家康が武田家の家臣を井伊の家臣にしたところにあると知り、そういえば、昨年の大河ドラマ「真田丸」の主人公である真田も赤備えでしたが、もともとは武田の家臣でした。天下統一への道のりのなか、滅びていった家もたくさんあるわけですが、実は、その末裔や家臣は有力な勢力に身を寄せて生き残っていった…というところを色々考えさせられるなあとも思いました。

Image_4 Image_5 Image_6

おまけ。久しぶりに江戸東京博物館に行くということで、特別展を観る前に常設展示もひとまわりしてきました。写真は浅草十二階こと凌雲閣、それから鹿鳴館・ニコライ堂の動く模型。
凌雲閣は、今年読んだ江戸川乱歩さんの「押絵と旅する男」の舞台のひとつとして登場して、読みながら、そういえば江戸東京博物館にかなり大きな模型があるのを前に行ったとき見たな…と思ったので、久しぶりに見ることができて良かったです。

今ハマっている大河ドラマに関する特別展を観るのが目的でしたが、他にも自分にとって楽しいものが色々あって良かったです。

2017年7月 5日 (水)

「ガレのジャポニスム」展in北澤美術館

Image_13

久しぶりの訪問。


創設35周年記念
「ガレのジャポニスム」展
北澤美術館にて
2017年4月3日(月)-2018年3月31日(土)

ジャポニスム…それは日本の開国をきっかけに海を渡った日本の浮世絵や焼きものなどがヨーロッパにもたらした日本ブーム。その色遣いや構図はその後のヨーロッパの芸術に大きな影響を与えたといわれています。
今年度の北澤美術館の展示は、たくさんある所蔵品のそんな日本美術の影響を受けた「ジャポニスム」関連の作品をたくさん観ることができる内容。
ガレの作品には花や草木などの植物やトンボやバッタなどの昆虫をモチーフにしたものが印象的。こういうものに焦点をあてるところが、日本の美術にも通じるものがある気がします。これが日本人の文化らしいところではありますが、個人的には、ヨーロッパの人が誰もこういう美的センスを持っていなかったわけではないだろうけれど、日本の美術に触れることで、自分のなかにある、何気ない身近なものを素敵だなあと思う部分に気づいた人がいた、という感じなのかなあ…と思うところがあります。
昨年訪れたときの展示は、どちらかというとドーム兄弟の作品が多かったので、ガレ作品を久しぶりにたくさん観て、すごく堪能できたなあという満足感に充たされました。
また、今回はボランティアガイドの方の説明とともに展示を観て回る機会があり、北澤美術館のいちばんの目玉である「ひとよ茸ランプ」が世界的に貴重といわれる理由、ガレが用いた工法についての詳しい説明など、たくさんの興味深いお話をお聞きすることができて、ますます作品を観るのが楽しくなる充実の時間を過ごすことができました。
また、2階の日本が展示室では大好きな東山魁夷さんの「夕べ」「白夜」「磯」を観ることができました。昨年訪問したときにも観ることができなかった「晩鐘」にはまたまた出会えなかったのですが、またの機会を楽しみにしようと思います。

より以前の記事一覧