2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

映画

2017年4月27日 (木)

映画「3月のライオン」前編/後編

Image

2017年、映画館で観る5作目と6作目はこちら。
※前・後編はそれぞれ1作品とカウントしています。

映画「3月のライオン」前編/後編

幼い頃に家族を亡くし、父の友人でプロ棋士の幸田を育ての父として育った桐山零。生きるために将棋を学びプロ棋士となった零が、様々な人々との交流をきっかけに自らの将棋との向き合い方を考えながら成長していくお話。
育ての父を尊敬しつつもどこかで距離を置き、ひとりで生きていこうとしている零は、淡々として大人びているようでどこか不安定。そんななかでの、偶然出会った川本3姉妹との交流、将棋の世界での先輩たちとの交流。そういった周囲との繋がりを断ってこそ強くなれる人もいれば、そういうものを意識したときにこそ粘り強くなれる人もいる、このお話での主人公は後者の人だったのだろうなと思います。
原作のことも将棋のことも実はほとんど知らないのですが、勝負の世界のピリピリした雰囲気、緊張感。そして、人間関係の温かさや厳しさ、一筋縄ではいかない感情など、さまざまなものに心を動かされた作品でした。
ひとつ残念なことがあったとすれば、将棋のルールにあまりにも無知な私でしょうか(苦笑)。もう少し、本当に基本的な知識だけでもあれば、もっと楽しめたのかもしれないとも思います。これをきっかけに、本当に簡単なところだけでも勉強したいなあと思いました。
また、残念ということとは別に、この映画のなかでは全くと言っていいほど内面が描かれていないある登場人物の内面を知りたくて、今まで読むきっかけのなかった原作を読んだら、私の求めるものがそこにあるような気がしていて、今から手を出すのは勇気がいるのですが…、今すごく気になっています。

 

2017年4月21日 (金)

映画「夜は短し歩けよ乙女」

Yoruhamijikashiarukeyootomemovie

2017年映画館で観る4作目はこちら。

映画「夜は短し歩けよ乙女」

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に一目ぼれをした“先輩”こと私。
彼らがたくさんの人々とともに京都の街を舞台に織りなすファンタジックなお話。
この映画が公開されると知って原作をもう一度読み直しましたが…、それで面白いと思ったり印象に残った場所が本当にたくさんあって、そういう部分を目と耳で楽しむことができて本当に楽しく、ドキドキとワクワクが止まらない幸せな時間でした。
また、原作のストーリー展開や雰囲気がそのままそこにあるだけではなく、春・夏・秋・冬の別々のエピソードをひとつのエピソードのようにまとめあげているところや、おっ!ここはそういう趣向で?とか、こんなことも考えつくんだなあ!というようなびっくりさせてくれるところなど、隅から隅まで本当に楽しみました。



2017年4月16日 (日)

映画「チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」

Chiadan

2017年、映画館で観る3作目はこちら。

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」

高校に入学し、サッカー部に入部した中学からの同級生を応援しようとチアダンス部に主人公のひかり。しかし生徒から“地獄先生”と恐れられる顧問の早乙女は新入生を前に「チアダンス部は全米制覇を目指す」と宣言する…と言うところから始まるお話。
サブタイトルにもなっているように、福井県の高校のチアリーダー部がアメリカのチアダンスの全米選手権で優勝(しかも全部で5回)した実際の出来事がモデルになっているお話。
感情の行き違いや怪我などを乗り越えながら、仲間との友情を育てていくひかりたち、そんな彼女たちに厳しく接しながらも陰ながら悩みつつも一生懸命だった顧問の早乙女先生。そしてチアダンスに打ち込む姿を見守り支える家族や同級生たち。
全米選手権の最後のステージ上でキラキラ輝く彼女たちの姿とそれを見ている人々の姿。胸が熱くなりました。最初から最後まで、やっぱり青春って良いものだなあと感じさせてくれる、爽やかで素敵な映画でした。

2017年4月 1日 (土)

4月に観たい映画その後

今日から4月。
ということで今月もいつもの月と同様に、今月公開のものを中心に、個人的に気になっている作品をまとめます。
なお、なかでもとくに気になっている作品には星印を付けています(★>☆)。


今月公開

  1日 乱 4K
  7日 夜は短し歩けよ乙女
 22日 3月のライオン 後編

今月公開以外

      3月のライオン 前編
      チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
      彼らが本気で編むときは、
      ラ・ラ・ランド
      サバイバルファミリー
      相棒-劇場版Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断


以上が今月リストアップした作品になります。
「乱 4K」は萬斎さんがまだ10代の頃出演した作品ということで、今までに何度か見る機会がありましたが、映画館で観る機会があれば良いなあという気はしています。
「夜は短し歩けよ乙女」は原作の雰囲気が好きだったので、アニメになってどんな感じなのか…気になっています。
そして今月と今月以外にまたがって挙げているのは「3月のライオン」。前・後編続けて観られる機会があれば良いなあと思います。「チアダン~(略)」は間違いなく、私が好きなタイプのお話なのですごく気になっています。そういう意味では「ラ・ラ・ランド」もミュージカルをお芝居や映画で観るのはすごく好きなので気になっています。
それ以外は…「彼らが本気で編むときは、」「サバイバルファミリー」「相棒劇場版Ⅳ(略)」ですが、映画館で観るのは時期的に厳しいものもありますが、機会があればぜひ観たいところです。
2ヶ月以上映画館に足を運んでいなくて少し情報に疎くなっているのもちょっと残念なところですが…、せめて、ひとつかふたつくらいはこのなかから映画館で観ることができればいいなあと思います。

2017年3月31日 (金)

3月に観たい映画その後

3月も終わりということで、今月もいつもの月と同様に映画館で観た作品を中心にまとめを…と言いたいところですが。
今月も先月に引き続き…映画館へ一度も足を運ぶことができませんでした…。
行こうと思えば行かれたという気もしますが…、なんとなくモチベーションが低下している気もしないでもありません…。
来月こそは、一度でもいいから映画館へ足を運べたらなあと思います。

2017年3月 1日 (水)

3月の観たい映画

今日から3月。
ということで…今月もいつもの月と同様に、今月公開の作品を中心に、個人的に気になっている作品をまとめます。
なお、なかでもとくに気になっているものには星印をつけています(★>☆)。


今月公開

 11日 チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話★
 18日 3月のライオン 前編

今月公開以外

      ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
      王様のためのホログラム☆
      相棒-劇場版Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断☆
      サバイバルファミリー★
      ラ・ラ・ランド☆
      恋妻家宮本☆

以上が今月気になっている作品です。
今月公開のものでは「チア☆ダン」は予告編を見たとき、これは絶対私の好きなタイプのお話だ!と感じたのでぜひ観に行きたいです。「3月のライオン」は一度だけいま放送されているアニメを見ただけで、将棋のこともあまり分からないのですが…興味だけはあります(苦笑)。
ジョン月公開以外のものは、先月映画館に行かれなかったのでずいぶんたくさん持ち越しになってしまいました…。「サバイバルファミリー」はぜひ観たいです。それと「相棒」も今までの3作品+スピンオフ2作品すべて映画館で観ているので、これもぜひ映画館で観たいところです。
先月観に行かれなかったぶんを少し取り戻したいです…!


 

2017年2月28日 (火)

2月の観たい映画その後

今日で2月も終わり。
ということでいつもの月と同様に映画館で観た作品を中心にまとめを…と言いたいところですが。
今月、映画館へ一度も行かずに終わってしまいました…。
週末に雪が降ったり、遠出の予定があったり、映画に行こう!と思っていた日に急に別の用事が入ってしまったり…、そんなことを繰り返しているうちに1か月が終わってしまいました。
来月、頑張りたいと思います…!

2017年2月 1日 (水)

2月の観たい映画

今日から2月。
ということで今月もいつもの月と同様に、今月公開の作品を中心に、個人的に気になっている作品をまとめます。
なお、そのなかでもとくに気になっているものには星印を付けています(★>☆)。


今月公開

 3日 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
10日 マリアンヌ
     王様のためのホログラム☆
11日 相棒-劇場版Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断☆
     サバイバルファミリー★
24日 ラ・ラ・ランド☆


今月公開以外

     恋妻家宮本☆
     破門 ふたりのヤクビョーガミ
     ザ・コンサルタント☆
     海賊とよばれた男
     この世界の片隅で☆


以上の作品がいま気になっている作品です。
今月、どのくらい映画館へ通えるのか…今のところ何とも言えないところもありますが、タイミングさえ合えば、そして大雪さえ降らなければ、先月と同じかそれ以上に観に行くことは可能jないか…という感じ。
作品によっては上映される館や期間が限られるものもあるので、早め早めのチェックで気になっている作品を一つでも多く観られたら良いなと思います。

2017年1月31日 (火)

1月の観たい映画その後

今年もすでに1か月が終わろうしています。
というわけで…今月もいつもの月と同様に、映画館で観た作品を中心にまとめます。
なお、作品名からこのブログ内の感想記事へリンクしています。


今月映画館で観た作品

本能寺ホテル

沈黙-サイレンス-


以上2作品が今月映画館で観た作品でした。
どちらも、公開されたら観に行こうと決めていたものだったので、早めに見に出かけることができて良かったです。
もっと映画を観に出かける時間は取れたはず…とは思いますが、鑑賞数としても、観に行った作品の内容的にも、まあまあの滑り出し…といったところでしょうか。
あと、映画館以外での映画鑑賞ですが、テレビではジブリとか色々な作品が放送されていましたが、なかなか見る機会がありませんでした。
そして、今度観に行くお芝居の予習として友人から借りた「俺たち賞金稼ぎ団」という映画(と舞台)のDVDを見ました。普段自分からはチョイスする機会のない作品でしたが、なかなか楽しめたし、お芝居を観に行くにあたって、モチベーションも上げることができて良かったです。
さて、まずまずの滑り出しで今年最初の1か月を終えることができました。今年の映画鑑賞、楽しんでいこうと思います。

2017年1月29日 (日)

映画「沈黙-サイレンス-」

Chinmokumovie

2017年、映画館で観る2作目はこちら。

映画「沈黙-サイレンス-」

島原の乱後の日本。
かつての恩師・フェレイラが棄教したとの知らせに、ロドリゴたちふたりの若い司祭が密か日本へ渡ってきた…というところから始まるお話。
原作を読んでいて、この先何が起こるのか知っているのですが、それでもなんというか…、あまりにも辛く哀しく、救いがない物語だ…と思います。
自分のなかに確固たる宗教を持たない私にはよく分からないのですが、信仰をもつ人にとっては、棄教すること、崇拝しているものを足で踏みつける行為、それはすべて、自分というもののすべて、もしくはその一部が無くなってしまうような大変なことなんだろうなあと思います。それを、国が禁止したから…という理由で「転ぶ(棄教する)」ことを強要されるのはどんなにか辛いことだろう…と思います。
それとは別に、日本人の宗教観を「自然のものにしか神を見出せない」と触れている場面があるのですが、日本人としては、それの何が悪いのかわからないなあという気持ちはあります。とはいえ、その日本人らしい宗教観とキリスト教が結びついたとき、それは多分キリスト教とは別の何かなんだ…というのは、それはそうだろうなあと思うし、キリスト教を信じる人々にとってはそれは許しがたいことなんだろうなあと思います。
原作の小説を読んでいるときも、この映画を観ているときも、日本人は、というか幕府は、なぜこんなにも苛烈な弾圧をおこない、しかもフェレイラやロドリゴなどパードレを転ばすことに執拗に拘ったのはなぜだろう…と考えていました。
私はこれは、刀や弓や鉄砲を使うわけではないけれど、外からやってきたキリスト教というものに対する「戦」だったんだろうな…と思います。パードレは敵対する軍勢の大将のようなもの。そういう心のよりどころとなるなるような人を攻略し、下の者の意志をくじき、この先正しく教え導く人を奪っていく…。精神的なきつさで、滅ぼしたい人たちを内から崩していく…、恐ろしい「戦」ではないかと。
キリスト教を布教しようとしていた国にも、宗教を使って日本を思い通りにしようという思惑がなかったとは言えないと思うので、お互い様なのかもしれさせんが…。
現在、世界中で宗教的な問題が根にある争いがたくさん起こっています。それを思うとき、宗教や信仰って人が幸せになるためにあるはずなのに、いつの時代も争いを起こすもとなんだなあ…とやるせない気持ちになりますが、そういうたくさんのことを考える凄い作品に触れることができたのは、幸せなことだと思います。

より以前の記事一覧