2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

旅行

2017年9月 9日 (土)

松代城②

Image_6 Image_7

松代城とその周辺の散策の続き。
まずは象山神社から。
幕末に活躍した松代藩士・佐久間象山を祀った神社。
ご神木はイロハモミジ。この木の場所には、初代藩主・真田信之の寵臣であった鈴木右近忠重の子孫の屋敷があってその庭にあった気なのだとか。こういうものを目にすると、遠い遠い昔と今の時代が繋がっているんだなあと感じます。

Image_8 Image_9

象山神社のつぎはこちら、文武学校。佐久間象山らの意見を取り入れ、蘭学や西洋砲術なども取り入れた藩校を目指して建設され。明治になってこの学校のなかに兵制士官学校なども作られたそうですが、その後廃校になり、廃藩置県後には松代小学校の校舎としても使われていたこともあったのだとか。今もお隣に現在の松代小学校があります。
右の写真は弓術所ですが、このほかの建物のほとんどが実際になかに入って見学ができ、天井の高さや太い梁が渡されたどっしりとした構えなどを体感できるのが良かったです。また、この建物を弓や槍のお稽古や、その他なにかの講座のようなものに使っている方たちがいるのがまた、まだ建物が史跡としてだけではなく“生きている”と感じられて良いなあという思いました。

Image_10 Image_11

文武学校の次は、真田邸。はじめは9代藩主の幸教が義母のために建てた“新御殿”でしたが、その後隠居した幸教がここに住んだといいます。そういう、お屋敷として使われていた時代の様子が分かる場所もありつつ、小さく仕切られた部屋が沢山ある場所は減退的な雰囲気もあって、色々な教室に使うことも可能なのだとか。例えばお花とかお茶とかもこういうところで習ったら面白そうです。
右の写真は庭園のもの。座って楽しむ庭園ですという案内表示があったので座った目線から写真も撮りました。遠くの山が借景になってかなり奥行きが楽しめるお庭のようです。
この後、真田氏ゆかりの品々を展示する真田宝物館も見学しました。個人的に興味津々だったのは家系図です。藩主が別の家から養子としてやってきた人や真田家にお嫁に来た人の出自などを見ていると、例えば昨年の大河ドラマに登場したあの人の子孫かも…と思う人がいたり、藩主として養子に来た人の元いた家からは何代か前にお嫁入りした人がいたり…そうやって縁は繋がっていくものなのかも…とふと思いました。
今回、気になったものすべてを回ることができなかったので、また機会を見つけて足を延ばしてみようと思います。

2017年9月 8日 (金)

松代城①

Image_2

萬斎さんを観に長野市へ出かけましたが、そのついでと言ってはなんですが、以前から気になっていた場所へ立ち寄ってきました。
長野市松代町の松代城です。
萬斎さんを観るとか東山魁夷さんの絵を観るとかで長野市へ行くときに乗り降りする長野インターからかなり近いのですが通り道からは外れていて、いつも、ああ…あっちに行くと松代城とかがあるんだなあ…と思いながら行く機会がありませんでした。
そして、昨年の大河ドラマ「真田丸」のブームに乗り上田城を訪れたからには、真田氏のもう一つのゆかりの場所、松代城も近いうちに行こうと思っていたなか、今回ようやくそれを果たすことができました。

Image_3

松代城はそれ以前の名前を海津城といい、かつては武田信玄が北信濃を治めるために築いた城でした。そういう意味では、真田信之が上田からこちらに移ったのもなにか縁があったというか、それを決めた側にもなにかそういう意図があったのかなあと思ってしまいます。

Image_4 Image_5

お城の本丸があった場所は門や石垣、お堀に囲まれた公園のような形で、石垣の上に続く階段を上って見晴らしのいい場所から門やその向こうに広がる景色を眺めることができました。また、お堀の外に置かれたベンチでひと休みすると、広々とした空や芝生、遠くに見える山など…たまたま人の少ないときだったからかもしれませんが、とても静かで落ち着く場所でした。
さて松代城周辺の探索はもう少し続きます…。

2017年8月11日 (金)

小諸城(懐古園)

Image_17

上田城を訪れた翌日。帰路につく前にもうひとつお城を訪れてきました。
小諸城(懐古園)です。
千曲川が近くを流れるという地形を利用した造りで、門に向かって、そしてお城の中心に向かっていくにしたがって下り坂になっています。

Image_21

本丸や天守の方向へは上り坂。
この写真は天守台の石垣。野面積み(石を加工しないで積む方法)の石垣を間近で見たのは多分初めてだと思うのですが、独特の雰囲気と迫力を感じて、ずっと見ていても飽きないなあと思いました。

Image_22 Image_23

園内は起伏に富んだ道や緑がいっぱいで色々な景色を楽しむことができて、歩くのには楽しい場所だなあという感じ。

Image_28 Image_29 Image_30

園内の懐古神社。
ここも緑と水と花が目を楽しませてくれる場所でした。

Image_31

今回は園内散策のほか、園内散策のほか、動物園、藤村記念館、徴古館、小山敬三美術館、小諸義塾記念館が見学できる共通券を購入。

Image_32 Image_33 Image_35

小諸で教師をしていた島崎藤村の資料を集めた藤村記念館、小諸出身の画家・小山敬三の美術館と実際のアトリエの一部を移築した記念館。
その作家や画家などの興味がある人には楽しい施設かなあと思います。
個人的には、小山敬三さんのことや作品のことはあまり詳しくは知らなかったのですが、浅間山を描いたものや姫路城を描いたものなど、ダイナミックな作品が素晴らしいなあと思いました。
このほか、小諸につくられた学校「小諸義塾」の資料を展示する小諸義塾記念館や、小諸藩の歴史や藩主ゆかりの品などが展示された徴古館も見学しました。

Image_37

おまけ。
こちらでも「日本100名城スタンプ」を押しました。
上田城のときは押す場所をうっかり間違えましたが…今度はちゃんと小諸城のところに押しました(苦笑)。

2017年8月10日 (木)

上田散策

Image_38 Image_39

上田城を訪れつつ…駅までの間の道を散策しました。
左は上田藩主屋敷跡。いまは上田高校があります。
昨年訪れたときには部活動中の色々な音が体育館や部室らしい建物から響いていましたが、今回はとても静かでした。夏休み中だからでしょうか。
右は上田城の公園内や市役所の周りなどでたくさん見かけたしだれ桑の木。養蚕が盛んな土地柄ということで、上田らしい木を植えようということで選ばれた木なのだとか。

Image_40 Image_41

石のベンチ&テーブルと椅子を見かけました。
左は市役所の敷地をぐるりと囲む塀から飛び出すように造られた長いベンチ。向こうには短いものも見えます。面白い造りですね。
右は上田高校の敷地をお堀沿いに歩いていたら角のところに置かれていたテーブルと椅子のセット。
どちらも歩き疲れて休む人用…かもしれませんが、あまり暑いとそこに留まることも辛いし、石が熱を持っていそうな気もしますね…(苦笑)。

Image_42 Image_43

駅の近くまで戻ってきて、みすゞ飴で有名な飯島商店のお店に行ってきました。
いちご味入りのみすゞ飴と、真田信繁(幸村)の娘の名前にちなんだ「阿梅姫(おうめひめ)」を買いました。

夏の日差しと暑さの厳しいなかだったので、駅とお城の往復にバスを使うことも考えましたが、歩きだったからこそ見つけたものも色々あって良かったです。

2017年8月 9日 (水)

上田城

 Image_8 Image_9

今年の夏も、軽井沢へ狂言を観に行ってきました。
今回は上田に宿を取り、あちこち出かけようという予定を立てました。
そんなわけでまず上田城へ。実はさJ九年9月にも訪れていましたが、その時にはできなかったことがあったので、リベンジ。

Image_10 Image_14

昨年は昇らなかった櫓からの景色。
昨年は大河ドラマ「真田丸」が放送されていたこともありかなりの人出でしたが、今回は、多すぎず少なすぎずという人出という感じで、スムーズにあちこち見て回ることができました。

Image_12 Image_13

この日はとても暑く日差しも強かったのですが、そんななかで木々の緑が爽やかで、目は涼しさを味わうことができました。

Image

おまけ。
昨年できなかったことのひとつ、「日本100名城」スタンプを押すこと。博物館のなかで、名城スタンプの他、色々なスタンプを見つけて押しました、が…しかし。押すところを間違えました。上田城の上の松代城のところになぜか押してしまいました。しかもこの写真を撮るときまで気づきませんでした(苦笑)。ちょっとショックですが、今度松代城に行ったときには、代わりに上田城のところに押すということにしようと思います。まあ、どちらも真田繋がりのお城だからどっちでもいいということにしておきましょう…。

 

2017年7月20日 (木)

名古屋ごはん

Image_3

コンサートを聴きに出かけた名古屋で。
今回、前の週末まで色々とバタバタすることがあり(それについてはまたあらためて)、どこかへ観光に行くとかそういう予定を全く立てる時間もなかったのですが、でも、2年ぶりの名古屋ということで、なにか名古屋らしさのある時間を過ごそう!ということで、急きょ考えたのが、名古屋らしい食べ物を色々食べる、ということ。
そんなわけで。
まず、名古屋について最初の食事に、ひつまぶしを選びました。
理由は、今までに食べたことがなかったから。
金曜日でしたが、約1時間くらいの待ち時間でした。これだけ待ってご飯を食べるということ自体、初めてだったかもしれません。席に就いて、まずビールをいただきました。こちらのお店は最高気温が高くなるとビールがお安くなるサービスをされているそうです。

Image_4

注文前にお聞きしたところ、普通サイズ(上ひつまぶし)がうなぎ一匹分でご飯が軽く3膳分に対し、ミニサイズ(ミニひつまぶし)はうなぎ1/2匹でご飯は軽く2膳分とのことでした。普通サイズが食べきれないと申し訳ないなあということで、今回はミニサイズを注文して見ました。

Image_5

この、ご飯とうなぎの盛られたおひつの感じ…ミニでも十分なボリュームという感じ…。

Image_7

まず、ご飯とうなぎを軽く混ぜ混ぜしたものをそのままいただきます。
うなぎももちろん美味しいですが…タレが染みたご飯…これだけでも十分なごちそうです。

Image_8

次は薬味(ねぎ・大葉・わさび・のり)を乗せて混ぜて。
薬味の歯触りや風味で味と食感が変化するの、とても良いです。

Image_12

最後は、薬味のほかに、温かいお出汁をかけてサラサラと。
薬味とお出汁はおかわり自由なので、薬味の量を変えたりして変化をつければ、普通サイズのうなぎとご飯の量でももしかしたら食べきれたかもしれない、と思いました。
今度機会があったら、お腹を減らして挑戦してみようと思います。
ひつまぶし初体験、大変美味しゅうございました♪

Image_13

さて…夜ごはんですが、昼間のうちに買っておいた矢場とんのロースカツサンド&一番搾り名古屋づくり&おつまみ用のみそカツをホテルの部屋でいただきました。お風呂上りにテレビ見ながら…。こういうダラ~としたのものんびりできて良かったです。

Image_15

おまけ①
おみやげも名古屋っぽいものを色々買いました。
きしめん(のパイ)、(おつまみ用の)みそカツ、小倉トースト(味のコロコロワッフル)、手羽先(味のおせんべい)。心惹かれるものは他にもありましたが、お財布とバッグの余力を考えて、このくらいにしておこうか…という感じで(苦笑)。

Image_16

おまけ②
名古屋らしいかどうかは分かりませんが、ひつまぶしの後、抹茶パフェをいただきました。
このなかに使われている抹茶ゼリー、もちもち・ぷるぷるで美味でした。

食で名古屋を楽しめて良かったです。

2016年9月27日 (火)

上田散策(後編)

Image_16 Image_17

さて…上田訪問の第一目的である上田城と大河ドラマ館を訪れた後。
上田駅方面へ戻る道々でも色々楽しみました。
まず…六文銭とツツジをデザインしたマンホールを発見。この辺りはお城へ向かうときにも通ったはずですが…全然気がつきませんでした(苦笑)。
調べてみたところ、上田市内では地域によってそれぞれに違うデザインのマンホールが設置されている模様。
上田市のHPより「上田市の下水道マンホール」↓
http://www.city.ueda.nagano.jp/gesuido/kurashi/suido/joho/manhole.html

Image_18

上田駅近くまで戻ってきたところで…、帰り道で寄ろうと決めていたお店へ。
みすゞ飴でお馴染みの飯島商店の上田本店。レトロで素敵なお店でした。
ここでみすゞ飴のほかにも色々購入したのですが、機会があればまた詳しく書こうと思います。

Image_19

上田駅前到着。お城からの帰り道では雨が降ったり止んだりの不安定なお天気になりましたが、ふと気がつくと虹が出ていました。

Image_23

この日は上田に泊まり、翌日は長野へ向かいました(そちらはまたあらためて)。
ふとホテルの部屋のカーテンを開けてみると、駅舎の壁に六文銭を象ったイルミネーションが輝いていました。
実は、長野県内に住んでいながら、そして同じ東信地区でも佐久や軽井沢へ行くことは何度もあったのに、上田を訪れたのは今回が初めてでしたが、道中のドライブも含めて楽しく充実した上田訪問になりました。

2016年9月26日 (月)

上田散策(前編)

Image_8 Image_9

週末を利用して、今年の大河ドラマ「真田丸」の舞台のひとつである上田へ行ってきました。
上田駅前から上田城を目指して散策スタート。
駅前では真田幸村の騎馬像がお出迎え。なかなかの迫力。かっこいいです。
そして信号の横には六文銭。

Image_10

上田城に到着する前に…上田城主屋敷跡の門の前を通りかかりました。
現在は上田高校の校舎があります。
門や塀だとか、体育館らしき建物の屋根や壁などにはそういう古い時代の雰囲気がありつつも、放課後の学校らしく体育館の床を鳴らす運動靴の音や、楽器の音などが聴こえてくるのも良いなあと思いました。

Image_11 Image_12 Image_13

さてそして、いよいよ上田城へ。
天守や本丸といった、お城といって思い浮かぶ主な建物はなく、櫓でその雰囲気を感じ、お堀の大きさなどをその目で見て楽しむという感じ。
真田神社にもお参りしてきました。

Image_14 Image_15

それから、大河ドラマ館へも行ってきました。
毎回楽しみに見ているので、撮影で実際に使用された衣装や小道具の展示や撮影の様子を紹介する映像など、かなりワクワクしながら見ました。右の写真は、館内で唯一の写真撮影OKのポイントで撮った赤揃えの甲冑です。
今年の大河ドラマも残すところ10話ほど。毎年、お正月に見始めるときには、今年も長い道のりを歩きだしたなあ…と思うのですが、今ぐらいの時期になると終わりが見えてきてちょっと寂しさもあるような。

さて…、この上田訪問は上田城と大河ドラマ館を訪れるのが第一目的ではありましたが、他にも色々と楽しいところがあったので、後編に続きます。

2016年8月13日 (土)

野辺山駅

Nobeyamast1

夏は毎年、佐久経由で軽井沢へ行く機会があるのですが…、帰り道にちょっと(というかだいぶ)遠回りをして通りがかったので初めて寄ってみました。
JR小海線の野辺山(のべやま)駅。JRの駅のなかで、日本一標高の高い場所にある駅です。

Nobeyamast2_2 Nobeyamast3

標高は1345.67mです。
駅舎がちょっと特徴的な形だったりして、それだけでも見に行って面白かったなあという感じもします。
そして、ホームの外側に人が集まって電車の写真を撮っていたので、実のところ、あずさで東京へ行き来する際に小淵沢駅でたまに見かける電車なので、私としてはそれほど珍しいものではないのですが、混じって自分も撮ってみました(苦笑)。
この近くに、JR最高地点もあるのですが、うっかり車で通り過ぎました。また機会があれば今度は立ち寄ろうと思います。



2016年7月25日 (月)

あべのハルカス

Abenoharukasu201607151

さて…大阪に行くなら、やっぱりなにかそれらしいところへ行こう、と。
今回選んだのは、あべのハルカス。
展望台の高さは300m。展望台行きのエレベーターに乗る16階も、それなりに見晴らしのいい場所ではありましたが、展望台はやっぱり高さが…全然違いました。
というわけで一番最初の写真は、足元の様子。遠くを見る分には、わーきれい~♪という感じですが、下をのぞき込むのは…ちょっと怖いですね。

Abenoharukasu201607153

こちらは梅田のビル群などの見える方面。
奥の小高い山になった部分の中腹辺りには、太陽の塔が見えるそうですが、私の目では無理でした…。双眼鏡が欲しかったかも。

Abenoharukasu201607152

そしてこちらは関空(関西国際空港)方面。
やはり、海を目にするとなんだかウキウキする海なし県の私(苦笑)。
周りに遮るものがなく、開放感が素晴らしかったです。
美術館は展示替え中でお休みだったのですが、平日ということもありますが、そのせいなのか、展望台行きのエレベーターも展望台も人が少なくてゆっくり見ることができました。

このあと、下の階のデパートであちこちの売り場をのぞいたり、お昼ごはんがてらひと休みしたりしたのですが…その辺りはまたあらためて。

より以前の記事一覧