2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

たべもの

2017年9月 3日 (日)

梅ぼ志飴

Image Image_2

7月に訪れた江戸東京博物館で見つけたもの。
榮太樓總本舗の梅ぼ志飴、江戸東京博物館のオリジナルの袋に入ったもの。
「梅ぼ志(うめぼし)」という名前ですが、梅の味はしません。
飴をつくるとき、棒状の飴をはさみで切って指でつまむと、つまんだところにしわが寄り三角の形になるのが梅干しに似ているところから名前が付けられたとか。
梅の味はしなくても梅と全く関係がないわけでもないところが面白いところですね。
つやつやで可愛らしい梅ぼ志飴は、とても優しく懐かしい甘味でした。

 

2017年8月27日 (日)

ピノグレープ&ベリー

Image_5 Image_6

抹茶に引き続き。
pino(ピノ)のグレープ&ベリー味。
ぶどう果汁(43%)・カシス果汁(9%)・ブルーベリー果汁と果肉(6パーセント)が使われていて、ベリーの濃い味が楽しめるアイスでした。
ぶどうチョコレートのコーティングのなかから出てくる、少し粘度のあるジェラート風のアイスが、よりその風味の濃さを感じさせる感じがしました。

 

2017年8月26日 (土)

ピノ熟成抹茶

Image_3

抹茶のお菓子を色々探しているときに見つけたもの。
pino(ピノ)の熟成抹茶味。
中味のアイスも外側を覆うチョコレートも宇治抹茶。抹茶の濃い味が楽しめました。

Image_4

そして。
何の気なしに食べ進めて、最後の一個に手を伸ばしたその時。
ハート形をしていることに気がつきました。
以前、星形のものを見つけたことがありましたが、ハートは初めて。
危うく気づかずに食べてしまうところでしたが…目が留まって良かったです。

2017年8月19日 (土)

はちみつりんごみるく

Image

これは結構前に地元のサービスエリアで買ったもの。
はちみつりんごみるく。
いちごみるくを製造販売するサクマと地元の会社がコラボして作った信州限定のお菓子。
りんごの甘酸っぱさと、ミルクとはちみつの甘みと香りが混ざって優しい味でした。

2017年8月18日 (金)

三ケ日みかん飴

Image_2

江戸東京博物館に、大河ドラマの特別展を観に行ったときに買ったもの。
三ケ日みかん飴です。
ほかにもたくさんみかんの産地はありますが、冬にスーパーに行くと積んであったみかんの箱は「三ケ日みかん」だったという、小さなころの記憶がなぜか今もあって、この名前を見てなんだか懐かしくなりました。
味のほうですが、ジューシーさや甘酸っぱさがとても強い感じというよりは、なんとも優しlくふんわり香るような感じで、みかんの名前とともにちょっと懐かしい感じを覚えました。

2017年8月17日 (木)

あおさスープ

Image Image_2

これはだいぶ前に東京へ行ったとき、成城石井で買ったもの。
あおさスープの素。
お湯を注ぐだけでわかめやあおさ、ねぎなどのスープになります。
わかめがかなりしっかりしていて食べごたえがあるのはいいですね。
私としては、あおさだけを普通の味噌汁に投入してあのちょっとねっとりした感じを味わいたい気もします。
今度はそういうのも試してみようと思います。

 

2017年7月20日 (木)

名古屋ごはん

Image_3

コンサートを聴きに出かけた名古屋で。
今回、前の週末まで色々とバタバタすることがあり(それについてはまたあらためて)、どこかへ観光に行くとかそういう予定を全く立てる時間もなかったのですが、でも、2年ぶりの名古屋ということで、なにか名古屋らしさのある時間を過ごそう!ということで、急きょ考えたのが、名古屋らしい食べ物を色々食べる、ということ。
そんなわけで。
まず、名古屋について最初の食事に、ひつまぶしを選びました。
理由は、今までに食べたことがなかったから。
金曜日でしたが、約1時間くらいの待ち時間でした。これだけ待ってご飯を食べるということ自体、初めてだったかもしれません。席に就いて、まずビールをいただきました。こちらのお店は最高気温が高くなるとビールがお安くなるサービスをされているそうです。

Image_4

注文前にお聞きしたところ、普通サイズ(上ひつまぶし)がうなぎ一匹分でご飯が軽く3膳分に対し、ミニサイズ(ミニひつまぶし)はうなぎ1/2匹でご飯は軽く2膳分とのことでした。普通サイズが食べきれないと申し訳ないなあということで、今回はミニサイズを注文して見ました。

Image_5

この、ご飯とうなぎの盛られたおひつの感じ…ミニでも十分なボリュームという感じ…。

Image_7

まず、ご飯とうなぎを軽く混ぜ混ぜしたものをそのままいただきます。
うなぎももちろん美味しいですが…タレが染みたご飯…これだけでも十分なごちそうです。

Image_8

次は薬味(ねぎ・大葉・わさび・のり)を乗せて混ぜて。
薬味の歯触りや風味で味と食感が変化するの、とても良いです。

Image_12

最後は、薬味のほかに、温かいお出汁をかけてサラサラと。
薬味とお出汁はおかわり自由なので、薬味の量を変えたりして変化をつければ、普通サイズのうなぎとご飯の量でももしかしたら食べきれたかもしれない、と思いました。
今度機会があったら、お腹を減らして挑戦してみようと思います。
ひつまぶし初体験、大変美味しゅうございました♪

Image_13

さて…夜ごはんですが、昼間のうちに買っておいた矢場とんのロースカツサンド&一番搾り名古屋づくり&おつまみ用のみそカツをホテルの部屋でいただきました。お風呂上りにテレビ見ながら…。こういうダラ~としたのものんびりできて良かったです。

Image_15

おまけ①
おみやげも名古屋っぽいものを色々買いました。
きしめん(のパイ)、(おつまみ用の)みそカツ、小倉トースト(味のコロコロワッフル)、手羽先(味のおせんべい)。心惹かれるものは他にもありましたが、お財布とバッグの余力を考えて、このくらいにしておこうか…という感じで(苦笑)。

Image_16

おまけ②
名古屋らしいかどうかは分かりませんが、ひつまぶしの後、抹茶パフェをいただきました。
このなかに使われている抹茶ゼリー、もちもち・ぷるぷるで美味でした。

食で名古屋を楽しめて良かったです。

2017年7月13日 (木)

水出しコーヒー

Image_18 

以前ある漫画を読んでいたときに、水出しコーヒーを手軽に作る方法を知りました。
夏になったらやってみようと思っていたので、早速。
使うのはお茶を淹れたり出汁をとったりするのに使う不織布のパック。
そのパックに挽いてあるコーヒー豆をつめたものを水を入れたポットに投入して好みの濃さになるまで常温または冷蔵庫に置いておくだけ。
水とコーヒー豆の配分や置く時間などは人それぞれ好みがあると思いますが、私の場合は、水450~500㏄に対しコーヒー豆が18gくらい、冷蔵庫に3~4時間くらい。
お湯ではなく水でゆっくり抽出することによって、コーヒーの風味をちゃんと味わえるのに苦みがあまり強くないのが良いところ。コーヒーの香りや味は好きだけど、あまり苦すぎるのは好きじゃない私にとっては、とても合っている淹れ方だなあと思います。

 

2017年7月12日 (水)

ヨーグルト×パイナップルリング

Image_17
ヨーグルトとドライフルーツの組み合わせ。
今回はこんなものを。
コスタリカ産の完熟パイナップルを輪切りにして乾燥させてつくられたものをヨーグルトに入れました。
丸一日もしくは二日くらい漬けておいて食べました。
これはすごくよかったです。
自然な甘みだけでヨーグルトまでこんなに甘味がつくんだなあという感じ。
いちど、つい長く漬け過ぎて3日間漬けたものを食べましたが、スプーンで簡単に切れるくらい柔らかくなって、パイナップルのエキスがたくさんヨーグルトに沁み込んで、すごく美味しくなっていました。
これはまたやってみようと思います。

 

2017年4月28日 (金)

カーネリングポテト

Image Image_2

最近、CMで見て気になっていたものを食べてみました。
ケンタッキーのカーネリングポテト。
まず、この形に心惹かれます。
ポテトチップスのものすごく分厚い感じでクリスピーな感じを想像していましたが、いものホクホクした感じがしっかり感じられるタイプのフライドポテトでした。
熱々でホクホクで、ほどよい塩味。また食べたいです。

より以前の記事一覧