2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

たべもの

2017年11月 4日 (土)

清里〜野辺山ドライブ

Image_6

古武道のコンサート&ファンクラブイベントのため、八ヶ岳高原ロッジを訪問。
…というか、私も八ヶ岳の麓には住んでいますが、ちょうど反対側なので、そちら側に行くのはちょっと特別。
一緒にイベントに参加するお友達と小淵沢で合流し、八ヶ岳高原ロッジのある南牧村までちょっとしたドライブ。
まずはお友達のリクエストで清里の清泉寮のソフトクリームを食べました。
この辺りの観光スポットとしてはベタなところではありますが、実は私、一度も清里に行ったことがなかったので、いい機会になりました。ソフトクリームは濃い味で美味しかったです。

Kiyosato20171028

とはいえこの日は台風22号が日本列島に接近するなか、冷たい雨の降るあいにくのお天気。紅葉の綺麗な時期なので、晴れたらすごくきれいな景色が見られたなあとは思うのですが、これはこれで、こういうお天気の時しか見られない景色が見られてよかったのかもしれません。

Image_8

そして…お昼ごはんは野辺山の「和風レストラン最高地点」でおそばをいただきました。
この近くに、JR鉄道最高地点(1375m)があり、また、JRで日本一標高の高い駅・野辺山駅(1345.67m)もあります。
このエリアは今までにも何度か訪れたり、車を運転していて通ったことはありましたが、あることは知っていたけど行ったことのなかった場所に行き、食べたことのなかったものを食べたり、いい時間になりました。

2017年10月26日 (木)

ぶどうジャム

Image_3 Image_4 Image_5

秋といえばぶどう。
というわけで(?)ぶどうのジャムを作ってみました。
使ったぶどうはこちら。ナガノパープルとシャインマスカット。
どちらも房で買うとかなりお高いのですが、これは、房の恰好が悪く売れにくいものを、房から外してバラ売りしていたもの。
お手頃な値段で、しかも房のものよりも家で洗ったりするのに便利なのがいいですね。
どちらも種がなく皮ごと食べられる種類なので、皮ごと半分に切ったものを砂糖・レモン汁とともに加熱しました。
個人的な好みとしては、ナガノパープルの方が色や食感が好きな感じ。生で食べるなら、シャインマスカットのパリッとした皮の食感が病みつきになる感じ。どちらもそれぞれに美味しくて楽しみました♪

 

2017年10月25日 (水)

キウイ(レインボーレッド)ジャム

Image Image_2

こんな少し珍しいキウイを使ってジャムをつくりました。
レインボーレッドという、芯の周りが赤い種類。
生で食べてみたところ、まだ熟し方が足りないのか甘味が少なかったので、ジャムにしてみたらどうか…と思ったわけです。
砂糖・レモン汁とともに過熱したら、赤い部分から出たエキスでピンク色のジュースができて、とても見た目が楽しいジャムになりました。
が…味については、とくに美味しいとか、生で食べるよりも美味しくなった!とか言うことはなく、まあ普通…(苦笑)。

 

2017年10月24日 (火)

いちじくジャム

Image Image_2

頂きもののいちじくがたくさんあったのでジャムをつくりました。
皮をむいて縦に四等分に切って、砂糖・レモン汁とともに過熱しました。
作っている最中と出来上がったときには、正直なところ、これ本当に美味しいのかなあ…と半信半疑なところもありました。
が…、恐る恐る(苦笑)口に入れてみると、なんと、ものすごく美味しくてびっくり。
ヨーグルトによく合う味。トロンとした果肉は桃の食感にちょっと似ているかも。
これはまた機会があったらぜひ作りたいです。

2017年9月 3日 (日)

梅ぼ志飴

Image Image_2

7月に訪れた江戸東京博物館で見つけたもの。
榮太樓總本舗の梅ぼ志飴、江戸東京博物館のオリジナルの袋に入ったもの。
「梅ぼ志(うめぼし)」という名前ですが、梅の味はしません。
飴をつくるとき、棒状の飴をはさみで切って指でつまむと、つまんだところにしわが寄り三角の形になるのが梅干しに似ているところから名前が付けられたとか。
梅の味はしなくても梅と全く関係がないわけでもないところが面白いところですね。
つやつやで可愛らしい梅ぼ志飴は、とても優しく懐かしい甘味でした。

 

2017年8月27日 (日)

ピノグレープ&ベリー

Image_5 Image_6

抹茶に引き続き。
pino(ピノ)のグレープ&ベリー味。
ぶどう果汁(43%)・カシス果汁(9%)・ブルーベリー果汁と果肉(6パーセント)が使われていて、ベリーの濃い味が楽しめるアイスでした。
ぶどうチョコレートのコーティングのなかから出てくる、少し粘度のあるジェラート風のアイスが、よりその風味の濃さを感じさせる感じがしました。

 

2017年8月26日 (土)

ピノ熟成抹茶

Image_3

抹茶のお菓子を色々探しているときに見つけたもの。
pino(ピノ)の熟成抹茶味。
中味のアイスも外側を覆うチョコレートも宇治抹茶。抹茶の濃い味が楽しめました。

Image_4

そして。
何の気なしに食べ進めて、最後の一個に手を伸ばしたその時。
ハート形をしていることに気がつきました。
以前、星形のものを見つけたことがありましたが、ハートは初めて。
危うく気づかずに食べてしまうところでしたが…目が留まって良かったです。

2017年8月19日 (土)

はちみつりんごみるく

Image

これは結構前に地元のサービスエリアで買ったもの。
はちみつりんごみるく。
いちごみるくを製造販売するサクマと地元の会社がコラボして作った信州限定のお菓子。
りんごの甘酸っぱさと、ミルクとはちみつの甘みと香りが混ざって優しい味でした。

2017年8月18日 (金)

三ケ日みかん飴

Image_2

江戸東京博物館に、大河ドラマの特別展を観に行ったときに買ったもの。
三ケ日みかん飴です。
ほかにもたくさんみかんの産地はありますが、冬にスーパーに行くと積んであったみかんの箱は「三ケ日みかん」だったという、小さなころの記憶がなぜか今もあって、この名前を見てなんだか懐かしくなりました。
味のほうですが、ジューシーさや甘酸っぱさがとても強い感じというよりは、なんとも優しlくふんわり香るような感じで、みかんの名前とともにちょっと懐かしい感じを覚えました。

2017年8月17日 (木)

あおさスープ

Image Image_2

これはだいぶ前に東京へ行ったとき、成城石井で買ったもの。
あおさスープの素。
お湯を注ぐだけでわかめやあおさ、ねぎなどのスープになります。
わかめがかなりしっかりしていて食べごたえがあるのはいいですね。
私としては、あおさだけを普通の味噌汁に投入してあのちょっとねっとりした感じを味わいたい気もします。
今度はそういうのも試してみようと思います。

 

より以前の記事一覧