2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

たべもの

2017年4月28日 (金)

カーネリングポテト

Image Image_2

最近、CMで見て気になっていたものを食べてみました。
ケンタッキーのカーネリングポテト。
まず、この形に心惹かれます。
ポテトチップスのものすごく分厚い感じでクリスピーな感じを想像していましたが、いものホクホクした感じがしっかり感じられるタイプのフライドポテトでした。
熱々でホクホクで、ほどよい塩味。また食べたいです。

2017年3月26日 (日)

阿梅姫

Image_2

昨年秋、上田へ行ったときに買ったもの。
「阿梅姫(おうめひめ)」
みすゞ飴でおなじみの、みすゞ飴本舗飯島商店の商品。
その名の通り、梅味のお菓子。
http://www.misuzuame.com/product/oume.htm
みすゞ飴にも梅味がありますが、こちらの方が酸味が少なく優しく食べやすい味だと思いました。
口に入れてすぐに噛んでしまっても美味しいのですが、口のなかでしばらく転がして周りの砂糖や粉末状のオブラートを溶かして、トゥルンとした食感を楽しむのも面白いです。
阿梅(おうめ)は、昨年の大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(幸村)の娘で大坂夏の陣の後、伊達正宗の家臣片倉小十郎の子・重長に嫁ぐことになった女性の名前。
お菓子を楽しみつつ、一年間ドラマを通して真田のことを追いかけた、その余韻も楽しみました。

2017年3月25日 (土)

ヨーグルト×ドライパパイヤ

Image

ヨーグルトとドライフルーツ。今度はパパイヤを試してみました。
細長くカットされていたものを、さらに細かく賽の目状にカットして、ヨーグルトに丸一日漬けておきました。
パパイヤはちょっと珍しいから…くらいの気持ちで試してみたのですが、これはなかなかよかったです。独特の食感や甘味が癖になる感じ。
カットの仕方を変えればまた違った食感も味わえそうです。

2017年3月 9日 (木)

雪見だいふく黄金のみたらし

Image Image_2

話題になっていたこれ、食べてみました。
雪見だいふくの「黄金のみたらし」味。
ハーゲンダッツのみたらし味はお餅の上からみたらしがかかっているタイプでしたが、こちらはお餅に包まれたアイスのなかにみたらしが入っているタイプ。
上からかかっているのも美味しかったですが、これはこれでアイスやお餅といっしょにたれをしっかり一緒に食べられるので良いですね。

2017年2月21日 (火)

ヨーグルト×市田柿スティック

Image

ヨーグルトとドライフルーツの組み合わせ。
今回試してみたのは、柿です。
南信州の特産・市田柿(干柿)を細長くカットした「市田柿スティック」をヨーグルトに一晩浸けてみました。

Image_2

一晩置いたものがこちら。
今まで試したもののなかでいちばん柔らかくなりました。
干柿自体が、よくある他のフルーツを使ったドライフルーツよりも柔らかいものなので、当然といえば当然なのかもしれません。
ぐるぐるかきまぜると、柿のジャムをヨーグルトにまぜたみたいにヨーグルトに混ざりました。
干柿くらいの柔らかさのドライフルーツが他にもあれば、同じような感じになるんだろうなあと想像すると…そういうのも試してみたいかも…。

2017年2月 9日 (木)

ハーゲンダッツ チーズベリークッキー

Image Image_2

ハーゲンダッツ、デコレーションズより。
チーズベリークッキー。
チーズ味のアイスクリームのなかにベリーソース、ストロベリーとチーズのコーティング、いちばん上はストロベリーとラズベリーの2種類のクッキー。
サクサクした食感の甘酸っぱい風味のクッキーと、とろりとした舌触りのチーズ風味のアイスの組み合わせ。楽しくて美味しくて、とても好きな味でした。また食べたいです。

2017年2月 8日 (水)

ヨーグルト×ドライパイナップル

Image_4 Image_5

マンゴーからスタートした、ドライフルーツとヨーグルトの組み合わせ、再び。
今回はパイナップル。たまたま2種類のものがあったので、比べてみました。どちらも、ヨーグルトに混ぜて丸一日置いたもの。
まず、左。タイ産のものを使ったもの。販売元は共立食品。少し堅めのような感じ。芯に近く繊維の硬い部分は、なかなか水分を吸わなかったようで、丸一日置いてもまだだいぶ硬かったです。とはいえ、歯ごたえのあるものが好きであれば食べるのには問題ないぐらいの感じ。
次に、右。フィリピンさんのものを使ったもの。販売元はデルタインターナショナル。手でちぎったような形にカットされていて、ひとつめのものよりは少し柔らかい感じ。こちらの方が、丸一日置いたところ、水分をよく吸って柔らかくなっていて食べやすかったです。
今回食べ比べてみて、産地の違いはよく分かりませんでしたが、カットの仕方など作り方によって同じフルーツを使っていてもだいぶ違いがあるんだなあということが分かりました。ヨーグルトに混ぜて食べるには、柔らかめのものがやはり向いているようです。

2017年2月 7日 (火)

黒まめおやつ

Image_3

だいぶ前から気になっていたもの。
黒まめおやつ。
豆類特有の歯ごたえが楽しく、また、小さいながら、豆らしく噛みごたえがあるせいか、数粒でもなんとなくお腹にたまる感じがあって、空腹感をおさえるのにもいい感じ。
また買ってみようと思います。

2017年1月22日 (日)

ハーゲンダッツラムレーズン

Image

ハーゲンダッツにも色々な味がありますが…この時期はやっぱりこれ。
期間限定、ラムレーズンです。
アルコール分1.6%とのことで、お子さんやアルコールに弱い方には注意の必要な部分もありますが、それだけに、好きな者にはたまらない風味が。
1年中あってもいいなとも思いますが期間が限られているのがまた特別でいいのかもしれません。

2017年1月21日 (土)

雪見だいふくおしるこ味

Image_7 Image_8

お正月休みに、おやつとして。
雪見だいふくのおしるこ味。
おしるこ…つまりあずきの餡と、おもち。
日本人であれば、好きか嫌いかはともかくとしても、まったく意外性のない組み合わせではありますが、あらためて、良いものだなあと思います。
最近知ったのですが、小豆などの豆に砂糖で甘くする料理は海外にはあまりないので、海外から訪れる方たちには、珍しく、また違和感をもって映ることが多いそうです。日本人が海外へ出かけたときにもあるような、文化の違いを発見して面白さを感じる海外の方もいらっしゃるのかなあという想像をしています。食べるものは人間が生きていくうえで欠かせないもの。だからこそ、そういうものがたくさんありそうです。

より以前の記事一覧